Copy Right (c) くろやなぎ医院 All Rights Reserved.

診療案内

内科

 

急な発熱や頭痛、咳、喉の痛みなど、風邪のような症状、腹痛や下痢などでお困りの際には、

お気軽にご相談ください。

風邪、インフルエンザ、発熱、肺炎、急性胃腸炎、めまいなどの急性疾患から高血圧や糖尿病や脂質異常症 などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、広く内科系疾患全般に対応しております。 

<このような症状のかたは、お早めにご相談下さい。>

□ 発熱、咳、喉の痛み、息苦しさ、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、など

□ 腹痛、嘔吐、下痢、便秘、血尿、顔や足のむくみ、むねやけ、吐き気

□ 貧血、めまい、手足のしびれ、関節の痛み、不眠、倦怠感、体重減少

□ 胸・心臓の痛み、動悸、息切れ、胸の圧迫感、脈の乱れ

原因のわからない体の不調についてもお気軽にご相談ください。 

心臓 内科

 

<狭心症・心不全・不整脈> 

循環器(心臓内科)の病気は、心臓の病気(虚血性心疾患〈心筋梗塞や狭心症〉、弁膜 症、心筋症、不整脈、心不全)、血管の病気(大動脈瘤〈りゅう〉、閉塞性動脈硬化症 〈PAD〉)、高血圧症の3つに分けられます。

これらの病気を正確に診断し、治療法を決定 するためには、いくつかの特殊な検査が必要となります。こうした疾患は 高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習 慣病や喫煙などの生活習慣と大きな関わりがあります。

また動脈硬化により脳卒中(脳出血や脳梗塞)も起こりやすくなります。特殊な 検査のなかには当院で実施可能な検査もありますが、大きな病院でなければできない検査もあります。そうした検査や治療が必要な場合は京都府立医科 大学付属病院をはじめとする近隣の専門病院をご紹介いたします。専門病院での治療を行ったのちの定期的な治療や検査は再び当院で継続可能です。 

<このような症状のかたは、お早めにご相談下さい。>

□ 動悸、息切れ:ちょっとした動作ですぐに動悸がしたり、息が切れる。足がむくむ 

□ 不整脈:脈がとぶ、急に胸がドキドキする、脈が乱れる急に気が遠くなったり

      めまいで気を失った、倒れたことがある 

□ 胸の痛み:胸の圧迫感、苦しくなる、胸に痛みを感じる 

□ 足の痛み:一定時間歩くと足がおもだるく痛くて歩けなくなる 

□ 血圧が高い、イビキがひどく睡眠中に息が止まる 

ペースメーカー管理

不整脈の治療でペースメーカーを使用されている方は年に2,3回、

機種のチェックが必要になります。当院で定期的なペースメーカーチェックも可能です。

定期点検以外でも気になる症状があればいつでもご相談ください。

ペースメーカーの作動状況や電池残量の確認などの定期点検の際にはペースメーカー手帳が必要です。 

当院での定期チェックをご希望される場合は

初診時にペースメーカーの設定などが記録されているペースメーカー手帳をご持参下さい。 

小児科

 

子供の病気

こどもの病気は多くは感染症で子供が集まる幼稚園や保育園などで集団発生することがよくあります。

手洗いなどで予防することも大切です。 

当院ではインフルエンザウイルスをはじめ、A群β溶連菌、アデノウイルス、RSウイルス、ノロウイルス、ロタウイルスの感染をチェックで出来る迅速キットを備えています。 

予防接種

乳児期から小児期に接種可能なワクチンは多数あります。こどもの体調等により予定が変わることもありますから、しっかりと計画をたてて投与しましょう。 

ワクチンには原則無料で受けられる定期接種任意接種があります 。

〈定期接種〉

四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ)・MR(麻疹・風疹) ・B型肝炎

日本脳炎・ヒブ(インフルエンザ菌b型)・小児用肺炎球菌(PCV7)・みずぼうそう 

〈任意接種〉

インフルエンザ・ロタウイルス・おたふく風邪など。

(みずぼうそうは平成26年10月より、B型肝炎ワクチンは平成28年10月から定期接種になりました。) 

〈予防接種の注意事項〉※ 体調が悪い時はやめましょう。 

1, 「予防接種の通知」や「予防接種手帳」をよく読んで、接種されるか判断してください。 

2, 受ける前日は入浴をさせ、身体を清潔にしましょう。 

3, 当日は体温を測り、お子様の様子をご確認ください。 

4, 母子健康手帳や予防接種手帳を忘れずに持って来てください。 

5, ワクチンによっては年齢制限があります。事前に確認してください。 

6, 異なる種別の予防接種を受ける場合は間隔をあけてください。 

  必要な間隔はワクチンにより異なりますのでそれぞれご確認ください。 

※ ポリオ、風疹、麻疹、おたふく風邪、みずぼうそう、BCGなどの生ワクチンでは4週間以上空けてください。 

※ 破傷風、日本脳炎、インフルエンザ、A,B型肝炎などの不活化ワクチンでは1週間以上空けてください。 

〈接種後の注意事項〉

予防接種を受けた後、30分間は急な副反応が起こることがあります。 

お子様の様子を観察しましょう。 

当院では投与後しばらく院内で待機していただき観察するようにしています。 

※やむをえない場合は、すぐ連絡が取れるようにしておいてください。 

肺炎・他予防接種等

年齢や持病により免疫力が落ちていることもありインフルエンザが重症化したり、

病原微生物が気道から、肺に入り込んで感染し、肺炎になってしまいます。 

<大人の予防接種> 

インフルエンザ、肺炎球菌ワクチン

高齢者や慢性の病気を持っている方などは、特に肺炎にかかりやすく、治りにくいので肺炎球菌ワクチンの接種を行い、

肺炎予防を行いましょう。 1年を通して、いつでも可能ですが肺炎予防の再接種には5年以上の間隔が必要です。

またインフルエンザの流行期前に毎年インフルエンザの予防接種を行いましょう。 

禁煙外来

喫煙者の70%はニコチン依存症です。

タバコをやめられないのは、意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。 

当院は保険診療で禁煙治療を行える施設です。

しかしすべての方が保険を使って治療できるわけではありません。

喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかチェックし、禁煙補助薬(内服薬や外用薬)の処方のほか、息に含まれる一酸化炭素の濃度も測定できます。 併せてコレステロールや血圧などの生活習慣病の検査をお勧めいたします。 

生活習慣病 〜 高血圧・糖尿病・脂質異常症・喫煙 〜

高血圧、脂質異常症(高コレステロール血症)、糖尿病などの生活習慣は知らない間(自覚症状がないまま)に動脈 硬化を進行させ、狭心症、心筋梗塞、脳卒中(脳梗塞や脳出血)、閉塞性動脈硬化症(PAD)などの重大な疾患を発症させます。

喫煙も動脈硬化 を進行させる大きな危険因子です。適切な治療を受けるとともに食事や運動などの 生活習慣や喫煙習慣を見直しましょう。 

<このような症状のかたは、生活習慣病検査のご相談を下さい。>

□ 喫煙、味付けの濃いものを好んで食べる、外食が多い、不規則な生活 

□ 喉がかわいたり、多尿、頻尿、倦怠感やできものが頻繁に出来る 

□ 健康診断で血糖値、コレステロール値、

  悪玉コレステロール値が高かった 

□ 糖尿病予備軍、高コレステロールと診断されたが 

  今だに生活を改善していない 

□ メタボと診断されたことがある、定期的な運動はしていない 

□ 過度なダイエットに何度も挑戦し体重の増減が激しい 

健康診断

40歳を超えたら健康状態について適切な管理をするために 年に1度は健康診断を 

医療保険者(国民健康保険・職場の医療保険等)の方は糖尿病やメタボリックシンドローム、脂質異常症などの生活習慣病の発見につながる「特定健康診断」を受診することができます。 

高血圧や糖尿病、心臓の病気の発見だけでなく、生活習慣病の発症を未然に防ぐことが大切です 。 

持病のない方も生活習慣を見直す良い機会と考え受診するようにしましょう。 

訪問 診療

在宅で療養中の方で通院が困難な方のお宅へ定期的に伺い、 診療を行います 

外出が困難で外来通院が難しくなったら・・・。 

診療は計画的にあらかじめ決めた日時に定期的に伺います。状況に応じて柔軟に対応いたします。

先ずはご相談ください。 

循環器の病気の検査紹介

12誘導心電計

心臓病の診断、病状の把握、治療効果の判定などに欠かせない検査です。 
不整脈の有無や、重症度評価を行います。 また心筋の異常(心筋梗塞などの虚血性心疾患や心筋症、心肥大)がわかります。 
痛みは全くなく検査にかかる時間は3~5分程度です。

ホルター心電計

24時間連続心電図記録を行い不整脈の検査を行い携帯中に不整脈が出現した場合は、その症状と心電図を対比させます。自覚症状がなくても、不整脈が出現していれば心電図で検出されています。 
この検査で、発作性頻拍症、発作性心房細動、期外収縮や危険な不整脈の診断が可能です。普段どおりの生活スタイルでの記録をとるのが目的なので軽い運動や適度のアルコールもかまいません。 

* 当院の最新式ホルター心電計は入浴することも可能です

* 院内で解析しますので外したその場で結果の説明をします

超音波検査装置

心臓・腹部・頸動脈・甲状腺・下肢血管の超音波検査がすべて可能です。 
心臓の形の異常を発見する形態的診断と心臓の働きを見る機能的診断が同時に可能です。特に、動いている状態をそのまま観察できる、とても有用な検査です。 ベッドに仰向けになり寝ている状態で、ゼリー剤を塗った発信機(プローブ)を密着させます。その場で医師が画像を見て診断し同時に心電図もとりますので、前胸部や手首と足首に電極をとりつけます。痛みはありません。検査にかかる時間は15~20分ほどです。 

血圧脈波測定装置

手足の血圧を測定し、血管のしなやかさや詰まり具合といった動脈硬化性の変化を調べることができます。 いわゆる「血管年齢」を調べる検査です。 
足の動脈の狭窄や閉塞を予測することもできるので 動脈硬化が気になる方、特に高血圧症、糖尿病、肥満体の方、喫煙者、運動不足気味の方、心臓病や脳卒中の家族歴のある方などには特に検査を受けることをお勧めいたします。 
ベッドに横になり、胸部と両手首にベルトを装着しながら、左右の上の手足首の血圧を同時に測定します。痛みはありません。

検査にかかる時間は5分ほどです。 

呼吸器の病気の検査紹介

電子スパイロメーター 

息切れする、呼吸が苦しい、咳が出る、痰が出るなど、肺の病気が考えられる時に肺の容積や、換気機能のレベルを調べる検査を行います。 
肺の病気の診断、重症度などを調べるのに役立ち、治療効果の測定にも使われます。気管支喘息の診断にも重要な検査の一つです。 
鼻をクリップで止め、マウスピースを口にくわえ、数回息を吐き測定します。痛みはありません。 

禁煙外来の検査紹介

マイクロCOモニター

一酸化炭素はタバコの煙に含まれる代表的な有害物質です。20秒ほど息を吐くだけで有害物質の濃度の測定ができます。禁煙により、一酸化炭素濃度が減少していくので、毎回の測定結果を比較することで禁煙の効果を実感できます。 

その他の検査器具・設備紹介

レントゲンシステム

従来に比べ被ばく量が低減された鮮明な画像のデジタル式のエックス線撮像装置です。デジタルデータなのですぐにパソコン画面上で画像を見ることができます。撮影は胸部疾患のみならず腹部疾患の診断も可能です。 

AED

自動体外式除細動器です。 
日本救急医療財団 全国AEDマップからも当医院の検索可能です。 

低周波治療機器

筋肉の緊張(コリ感、ハリ感など)に非常に高い効果がある治療機です。 
今までの低周波に加え、より深部に達する周波数帯を加え出力することにより、 筋肉の深部にまで電気治療をすることが可能となりました。 
肩や腰その他の筋肉のこり・肩関節周囲炎、変形性膝関節症、坐骨神経痛、足関節痛、肘関節痛、急性の腰痛、膝痛等の痛みの緩和に効果があります。